63350 normal 1502176254 2355id selection

AIITイノベーションデザインフォーラム 「理解の手がかりを設計することで生まれる表現」菅 俊一 先生(研究者/映像作家/多摩美術大学統合デザイン学科専任講師)

2017-09-01(金)19:00 - 21:30

産業技術大学院大学

東京都品川区東大井1-10-40

Vidya Technorogy 佐々木梢 Toshio Koba Souhei Osawa 伊藤岳 draf3 Haruka Mashiko Okada Yusuke Yutaro  Kori Ryoichi Komagamine Takanobu Ugajin Jiro  Ishizaka 稲葉志奈 中井志保 上原 拓真 Yukio Saito + 135人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

■□■-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 「理解の手がかりを設計することで生まれる表現」
 菅 俊一 先生 (研究者/映像作家/多摩美術大学 統合デザイン学科専任講師)
------------------------------------------------------------------------------------------------------■□■

菅先生はこれまで、呈示された僅かな情報を鑑賞者が読み取り、
自分の頭で情報を「補う」ことで、新しい体験を作り出す視覚表現を手がけてこられました。

本講演では、テレビ番組・書籍・漫画・展示などのメディアで試みてきた事例から、
「理解の手がかりを設計する」という考え方で生み出される、
新しいコミュニケーションデザインの方法論についてご紹介します。

◎ プロフィール
菅 俊一 (すげ・しゅんいち)
1980年東京都生まれ。研究者/映像作家/多摩美術大学 統合デザイン学科専任講師。
人間の知覚能力に基づく新しい表現を研究・開発し、様々なメディアを用いて社会に提案することを活動の主としている。

主な仕事に、NHK Eテレ「2355/0655」ID映像、BRUTUS「ヘンテコノミクス」原作、
21_21 DESIGN SIGHT「単位展」コンセプトリサーチ、「アスリート展」展示ディレクター、
著書に「差分」(共著・美術出版社)、「まなざし」(ボイジャー)。主な受賞にD&AD Yellow Pencilなど。
※ 菅先生関連HP:http://syunichisuge.com

【日時】
9月1日(金) 19:00~21:30
・講演会 19:00~20:30
・交流会 20:30~21:30 (こちらは参加費¥1,000)

【会場】
産業技術大学院大学  433号室(4階)
http://aiit.ac.jp/about/access.html
※ 申込者多数により、会場を変更いたしました。

コミュニティについて
産業技術大学院大学(AIIT)

産業技術大学院大学(AIIT)

産業技術大学院大学(さんぎょうぎじゅつだいがくいんだいがく、英語: Advanced Institute of Industrial Technology)は、東京都品川区東大井1丁目10番40号に本部を置く日本の公立大学である。2006年に設置された。大学の略称はAIIT。

コミュニティに参加